ダンボネットは、江戸の中心であった日本橋の人形町、兜町、茅場町に囲まれた日本橋小網町という東京の下町にあります。下町情緒の残る小粋な界隈は、安産・子授けの神様、水天宮を中心に、七福神を祀る八つの神社を大切に保存する土地柄となっています。

ダンボネットへは、さまざまな方法とルートでお越しになれます。

住所: 東京都中央区日本橋小網町9-3 CANALTOWER(キャナルタワー)


以下にダンボネットへのアクセス方法をご説明します。

電車でのアクセス

電車を利用してダンボネット・システムズへお越しになる場合には、4路線3駅から選択することができます。いずれのルートでも徒歩で5〜7分程度で到着します。


ダンボネット・システムズ付近の道路は複雑に入り組んでいますので、不安のある場合には駅到着後に遠慮なくご連絡ください。

クルマでのアクセス

車を利用してダンボネット・システムズへお越しになる場合には、最寄りの顕著なランドマークとして、「東京証券取引所」「ぺんてる本社」などがありますので、まずはそちらを目指してお越し下さい。到着後は、右の地図を参考にダンボネット・システムズまで車を進めてください。なお、ダンボネット・システムズ前の通りは、右地図矢印の方向の一方通行となります。


ダンボネット・システムズには駐車場がありません。正確に言うと駐車場はありますが、すべて月極の駐車場となっています。ダンボネット・システムズの前の通りには合計4ヶ所の路上駐車エリアがありますが、埋まっていることが多いので、あまり期待しないでください。また、駐車違反の民間監視員が比較的多く現れるので、駐車違反の取り締まりにはくれぐれもご注意ください。付近の道路は渋滞が発生しやすくなっておりますので、車を利用してのお越しの際には、時間に余裕を持ってお越し下さい。日本橋小網町はマイナーな住所です。「日本橋小網町」という住所を告げて「はい判りました」と答えるタクシードライバーはほとんどいません。

船でのアクセス

船を利用してダンボネット・システムズへお越しになる場合には、まず隅田川から日本橋川にアプローチします(日本橋川出口は、隅田川下流から見て、永代橋を過ぎて左側です)。日本橋川に架かる豊海橋、茅場橋、鎧橋を越え、日本橋川が緩やかに左にカーブする地点の右側にある作業用はしごの位置に着岸します。係船具はありませんので、このはしごに直接係船してください。はしごを登りますと、ダンボネット・システムズは至近位置です。


日本橋川はきれいな川ではないので、スプレー等で衣服などが汚れる場合があります。着岸点は潮汐によっては水深が1m以下となる場合がありますので、お越しの際には潮汐表などで当日時の水深を確認してください。日本橋川には係留船がありますので、引き波には充分留意して航行してください。神田川から日本橋川へアプローチする場合には、水道橋付近の貨物船積荷箇所で積み荷作業を行っている場合水路幅的に航行できない場合もありますので、事前にご確認の上お越し下さい。

空からのアクセス

空からダンボネット・システムズへお越しになる場合には、北緯35度41分00秒0、東経139度46分48秒5(世界測地系)を目指して降下してください。起こしになる日のランディング・コンディションが良い場合には、直接10階東側のテラスに着地して下さい。


ダンボネット・システムズ付近には首都高速のジャンクションや日本橋川がありますので、降下には充分気を付けてください。気象状況によってはビル風が強く吹く場合があります。ダンボネット・システムズ屋上には、最上階のガラス屋根があり、耐荷重的に弱い部分がありますので、着地点には充分注意してください。また、屋上面積はそれほど大きくないので、できるだけ垂直に降下するようにしてください。